このガジェットでエラーが発生しました

本のタイトルが決まったぁ!

4月28日放送予定の「たかじんのそこまで言って委員会」にゲストMCで出てきました。http://www.with-ppl.jp/ppl/news/440/ どんな編集になっているやら、私もわからないままの収録でした。まぁたかじんさんと私との関係なども、一昨年の大阪市長選挙で橋下さんを応援したたかじんさんですから、いろいろとわだかまりがあるのではないか。また、この番組自体がかなり「言いたい放題」で司会とはいえ出演するのはまずいのではないかとか、いろい...ろご心配をおかけしましたが、収録自体は極めて「大人」の雰囲気でしたのでご安心のほどを。

さて、番組中に宣伝させてもらいましたが、シンポジウム「ポストグローバル社会と日本の未来」4回の集大成である「本」が6月発売予定で最終準備に入っています。小田嶋隆さんにつけてもらったタイトルは【「脱グローバル論」~日本の未来の作り方~】 に決定!

内田樹、平川克美両氏が60歳台、小田嶋さんが50歳台、中島岳志さんが30歳台、そしてイケダハヤト、高木新平両氏が20歳台という幅広い論客とコーディネーターが64歳の私。去年7月に東京で始めたシンポが、その後東京、大阪、神戸(凱風館)と続き、計4回。その集大成です。

競争社会?グローバリズム?ヒトはカネのためだけに生きるワケではない。追い立てられるからこそ立ち止まって考える”脱力市民生活”のヒント…などなど、小田嶋さんが4回のシンポを総合して表現するのにふさわしい惹句を考えてくれました。

そして「おじさんと若者が、ゆるゆると日本の未来を話し合ってみました」という「脱グローバル論」~日本の未来のつくりかた~。装丁も価格も発売日も決まっていませんが、6月には講談社から発売予定です。詳細が決まればまたお知らせします。